お金では幸福になれないという真実

一般的には、「幸福感は資産で手にすることができる」と思い込んでいる人が多いですが、はっきり言って幸福はお金では買えません。 なぜなら、資金が幸福を引き上げる効果は局所的だからです。 これによってもわかるように、「たくさん稼ぐ」という行ないは、生活の至福度を高めるためというより、くだんの医師が言っていたように、「プレッシャーを減らしたいので収益を手にしたい」という理由による人が多いのだろうと考えられます。


現実的に、30代から50代の我々日本国民のフラストレーションができる原因の多くは、経済状態事情、すなわち「お仕事」と「キャッシュ」です。 また、行動エコノミストのダン・アリエリー氏は、「金のことを考えると、心がおかしくなる」と言います。 お金の苦悩があると、あらゆる問題解決能力がはっきりと落ちる。リッチは、とくに自分がリッチだと思い出させられると、普通の人より道義的に劣る行動をとりがちなことが、一連の考察によって示されている。 また別のリサーチによれば、ただ金のイメージを見ただけで、仕事場からものを盗ったり、いかがわしい人を雇ったり、金もうけのためにウソをついたりしやすくなるという。金のことを考えれば、イメージできるようにメンタルがおかしくなるのだ。 つまり、金というのは、たくさん金をもうけても、たいして満ち足りた思いになれないのに、ない限りはとっても心を乱される。 多くの人にとってお金は「トラブル」でしかないのです。お金をトラブルにしないためには正しい知識と運用が必須です。マネーセミナーマネカツ 評判は非常に高いです。