布団クリーニングのやり方について

皆さんは布団を一定サイクルできれいにしたりしていますか。布団は一定サイクルでクリーニングしなければカビ、ダニの繁殖につながるので意識しておきたいところです。

ここでは布団のクリーニング方法を簡単に解説していきたいと思います。


お家の洗濯機がコンパクトなときや洗いたい布団が大きいときには、コインランドリーを使った方がいいです。コインランドリーの洗濯機は容量が大きいため、布団を洗濯ネットに入れることは必要ありません。布地にキルティング処理がしてあればそのまま洗濯機に入れ込んでもいいと思いますが、中綿のゆがみが気掛かりな場合はくるくる巻いて紐で引き締めてから洗濯するとひと安心です。コインランドリーでは、洗濯機の大きさを選ぶことができます。布団に対してやたらと大きいボリュームの洗濯機で洗濯をしてしまうと、中で布団が暴れて洗濯機がストップしてしまうことがあります。洗濯機の90%が布団で埋まるくらいの洗濯機を使用してください。ボリュームによっては、布団を2~3枚まとめて洗濯しても良いでしょう。布団を洗濯機に入れたら、あとはお洒落着用中性洗剤をセットしてスタートボタンを押せばおしまいです。洗濯から脱水まで、洗濯機に後はお任せしましょう。コインランドリーを利用できない場合は布団クリーニング オススメは宅配クリーニングです。

カバーの洗濯や日干しや布団乾燥機にかけていれば布団そのものの洗濯は基本として3~4年に1度でOK!。しかし、これははっきり言っていつもの使用であればの話です。何か飲み物やジュースをこぼしてしまったという場合や、お子さんがおねしょをしてしまった場合はやペットの粗相があった場合にはそれが悪い影響をもたらしてばい菌やカビなどが増殖してしまう可能性が大きいので洗濯をした方がいいかもしれません。いずれにせよ、布団はうるおい感が仇となるので布団乾燥機などにかけるという常日頃のお手入れは気持ちよく利用する上ですごく重要だと言えます。

 

 

カテゴリー: 未分類