好きなモデルさんがアーティストになった話

2年ほど前から応援しているモデルさんがいます。そのモデルさんがなんと急にアーティスト活動を始めることになりました。

モデルさんの名前は大野真依ちゃん。ツインプラネット愛媛という事務所で愛媛出身のモデルさんです。

身長168cmで美大を卒業しているまさに才色兼備。

そんな彼女が2019年の3月にzeppダイバシティ―東京で音楽ユニットを組んでデビューすることとなりました。

メンバーは同事務所の大野ひまり、カネハマヒカリの3人。

大野ひまりちゃんは5歳からピアノをしていて、グループでもキーボードを担当するという本格派。カネハマヒカリちゃんは沖縄出身で、歌うまコンテストというカラオケ女王を決める祭典で優勝するという実力の持ち主。

大野真依ちゃんは少し年上でお姉ちゃんのような感じでグループ全体をサポートしながらギターを演奏するという立ち位置。

モデルからのいきなりの転身で、最初は応援できるか不安でしたがいざ応援してみると頑張ってるのがよくわかるのでさらにのめりこんでしまいそうな予感です。

まだまだユニットとしては未熟で見ていて歯がゆいところもありますが、これからの成長も見ていけるのは楽しみですね。

ユニットの名前は大野姉妹withカネハマヒカリ

結成から4ヶ月足らずで夏のアイドルの祭典、TIFにも出演するという躍進ぶりです。
今後も要注目ですね。